USJでドロシーの水上クルーズ!エルモのバブル・バブルはチャイルドスイッチ・よやくのりを活用しよう

エルモのバブル・バブル

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)の「エルモのバブル・バブル」という子供向けアトラクションについての紹介です。

大人気アニメ「セサミストリート」の主人公であり、ミッキーマウスやピングーと並び世界中で愛されるエルモですが、劇中ではエルモが飼っているペットの金魚「ドロシー」が登場します。

ドロシーはいつも楽しげな夢を見ている金魚なのですが、なんとUSJにもそんなドロシーと一緒に夢の世界を冒険できるアトラクションがあります。

エルモのバブル・バブルは水の上をゆったりとクルージング!

エルモのバブル・バブル

USJのユニバーサル・ワンダーランド内にあるアトラクション、「エルモのバブル・バブル」はエルモのペットの金魚、「ドロシー」に乗って、エルモの作るシャボン玉を眺めながらゆったりと水の上をクルージングする、屋内ライドアクションです。

シャボン玉と一緒にゆらゆらと水の上を揺られていると自分もシャボン玉になったような感覚で楽しむことができます。

アトラクション自体もゆったりと進むものなので、絶叫系のアトラクションが嫌いなお子さまでも安心して楽しむことができます。

スポンサーリンク

お子さまの苦手克服にも良いアトラクション

水が苦手なお子さまも多いですよね。

初めからプールに入ったりするのは抵抗があっても、少しの水の上を大好きなキャラクターに乗ってゆっくり前に進むだけなら大丈夫かもしれません。

それどころか、これを機会に水嫌いを克服できるかも。

USJの公式サイトでもお子さまの「安心感を抱ける予想のつく局面」を意識したアトラクションを心がけていると記載があるように、乗り物が怖いお子様や水が苦手なお子さまでも、そうした苦手を克服する良い機会となるかもしれません。

待ち時間が気になるようなら「よやくのり」を使おう!

エルモのバブル・バブルはよやくのりを活用しよう

エルモのバブル・バブルは平日の空いている時ならそれほど待ち時間は多くありません。

平日なら10~60分、土日祝日なら20~90分というところでしょうか。

大人気のアトラクションに比べればたいしたことありませんが、それでも有効に時間を使いたい方は「よやくのり」を活用しましょう。

このアトラクションの右奥によやくのりの発券機がありますので、事前に手続きをしましょう。

でも一旦よやくのりの手続きをしてしまうと、ほかのアトラクションのよやくのりの発券ができなくなりますので、その日のスケジュールを考えて決めてくださいね。

よやくのりについて詳しく知りたい人は次の記事をどうぞ。

USJのよやくのりとは?利用方法と対応アトラクション、攻略のコツまとめ

2017.01.19

事前に注意事項のご確認を!

エルモのバブル・バブル

お子さま向けアトラクションということで、事前に注意事項は確認しておいたほうが良さそうです。

まず、一人で乗る場合には、身長が122cm以上でなければなりません。

また、保護者の方など同伴される場合でも身長が92cm以上必要です。

なお、付き添いの方は精神的・身体的に健康な中学生以上の方で、単独利用の利用基準を満たす方となっています。

また、このアトラクションはお子さま同士で乗ることも可能ですが、やはり身長が122cm以上あることが利用条件となっています。

このように身長制限がありますので注意してくださいね。

チャイルドスイッチを活用しましょう

エルモのバブル・バブルはチャイドスイチを活用しよう

例えばご兄弟が3人いて2人は乗れるけど1人は乗れない・・・という場合、ご両親2人のうちどちらかはお子さまについていなければなりません。

その場合、チャイルドスイッチというシステムを利用できます。

例えば乗れないお子さまの面倒を父親が見ている間に母親が子どもと乗り、次に母親が戻ってきたら1回分の待ち時間で父親ともう一人の子供も乗れる、というシステムです。

交代するたびに並び直していたら、せっかくの時間がどんどん無くなってしまうので、活用できる場合には是非活用してみてください。

チャイルドスイッチについてのくわしくは次の記事をどうぞ。

USJのチャイルドスイッチでママとパパで待ち時間少なく交互にアトラクションに乗ろう

2017.01.18

スポンサーリンク

さいごに

大人気アニメ「セサミストリート」を題材としたお子さま向けのアトラクション「エルモのバブル・バブル」。

他のアトラクションは怖くて乗れなかったり、水が苦手でそういうアトラクションには乗れないというお子さまも楽しい体験をすることで新たな可能性を開くことができるかもしれません。

お子さま連れでUSJへ行く際は是非、ユニバーサル・ワンダーランド内のこのアトラクションにも立ち寄ってみてください。



エルモのバブル・バブル

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。