パークフロントホテルの夕食バイキングをレストラン「アーカラ」で食べた感想(グランディナーブッフェ利用)

パークフロントホテルの夕食バイキングをレストラン「アーカラ」で食べた感想

USJのオフィシャルホテルでもっともパークに近い「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、パークフロントホテル)」

このホテルのレストラン「アーカラ」で夕食バイキングを食べてきた感想です。

夕食バイキングの料金や営業時間といった基本情報にくわえて、提供されている料理メニューもご紹介したいと思います。

パークフロントホテル「アーカラ」の夕食バイキングの料金や時間

パークフロントホテル「アーカラ」の夕食バイキングの料金や時間

パークフロントホテルの夕食バイキング(ディナーブッフェ)は、このホテルのメインレストラン「アーカラ」で実施されています。

私が行った時は「イースターフェア」が開催されてました。

実は、この夕食バイキング2種類のプランを選ぶことができ、料金としては倍以上の差があります。

それぞれの料金プランについてまずはご紹介しましょう。

グランディナーブッフェプラン

  • 大人 4,350円
  • こども(6~12歳) 2,700円
  • 幼児(4~5歳) 1,400円
  • 3歳以下 無料

※消費税・サービス料(10%)込の料金

プチブッフェプラン

  • 大人 2,000円
  • こども(6~12歳) 1,300円
  • 幼児(4~5歳) 800円
  • 3歳以下 無料

※消費税・サービス料(10%)込の料金

夕食バイキングの営業時間

  • 17:30~21:30(最終入店21:00)

21:30までですので、思ったより早いですよね。

USJのオフィシャルホテルのレストランはどこも同じようにクローズはこれくらいの時間です。

そしてユニーバサルシティウォーク大阪のお店も意外と閉まるのが早いんですよね。

なのでこの界隈でゆっくり飲もうと思ってもなかなか選択肢がなくてちょっと困ります。

スポンサーリンク

グランディナーブッフェとプチディナーブフェの違い

グランディナーブッフェとプチディナーブッフェの違い

ひとことでいうと、メニューが豪華で種類も多いのがグランディナーブッフェ。

グランディナーブッフェは、シェフが目の前で作ってくれるオムレツ、ローストビーフ、お寿司等のメニューがあります。

そして、デザートメニューがプチディナーブッフェに比べると充実してます。

でもプチディナーブッフェが軽食程度というわけじゃありません。

普通にごはん、味噌汁、カレーにサラダ、からあげ系等のいろいろなメニューが揃ってます。

もちろん食べ放題、そしてドリンクバーもあります。

この内容で2000円はかなりお得です。

平日夜でも、ユニバーサルシティウォークの飲食店は混雑してます。

それくらいならこのアーカラのプチディナーブッフェをチョイスするのがいいかも。

平日はかなり空いてますよ。

でも私はリサーチも含めていろいろ食べみたかったので、グランディナーブッフェを選択しました。

ちなみに店内に入って真ん中より左側がグランディナーブッフェのエリア、右側がプチディナーブッフェのエリアになります。

プチディナーを選択した人は、グランディナーの料理を食べることができませんが(見に行くだけならOK)、グランディナーの人はプチディナーエリアに陳列されている料理も食べることができます。

夕食バイキング(グランディナーブッフェ)のメニュー

グランディナーブッフェ

それではパークフロントホテル「アーカラ」の夕食バイキング(グランディナーブッフェ)のメニューについてかんたんにご紹介しましょう。

季節限定メニューもありますので、数ヶ月後にはメニュー内容はだいぶ変わってる可能性があります。

その点はあからじめご理解くださいね。

それではいってみましょう。

シェフが用意してくれるプレミアムなメニュー

グランディナーブッフェプランはシェフが目の前で用意してくれる特別なメニューがあります。

たとえば、お寿司!

お寿司

いくつかのネタからリクエストをすれば目の前でお寿司を握ってくれます。

握ってもらったお寿司

ローストビーフもぜいたくにブロックからカットしてもらえます。

スタッフがカットしてくれるローストビーフ

ソースをかけて盛り付けてもらいます。

 

ローストビーフ

このボリューム!

ローストビーフ完成

オムレツも目の前で鮮やかに調理してもらえます。

シェフがオムレツを作ってくれる

さすが、プロの完成度!

オムレツはプロの完成度

これ以外にもスープメニューも用意されています。

このようにシェフに作ってもらえるメニューがあるのがグランディナーブッフェの一番の醍醐味なんだと思います。

 

充実した大阪名物料理!

大阪フード

大阪メニューコーナーがあって、大阪旅行も兼ねて来ている人にはうれしいですよね。

ドライカレーは溶き卵と一緒に。

でもドライカレーといえば大阪?

自由軒のドライカレーのイメージなんでしょうね、たぶん。

ミニサイズの豚まんもあります。

豚まん

大阪の有名な豚まんといえば「蓬莱」ですよね。

そして、お好み焼き。

お好み焼き

お好み焼きで有名といえば、、、うーむ「風月」でしょうか。チェーン系でいえばあとは「千房」とか。

そして超定番のたこ焼き。

たこ焼き

たこ焼き用のソースやマヨネーズもしっかり完備されています。

たこ焼きソース

そして、たこせんも。

たこせん

かすうどんもありますよ。

かすうどん

バッテラも。

バッテラ

紅しょうがの天ぷらなんてのもおもしろいですよね。

どて焼きも。

どて焼き

そして、みたらし団子なんてのも。

みたらしだんご

そして、これも関西ならではのミックスジュース!

ミックスジュース

ワゴンサービスの串かつもあります。スタッフがまわってきてくれます。

串かつのワゴンサービス

でも油まで運んでその場で揚げてくれるわけでありません。

すでに揚がったものをこちらで選びます。

串かつ

6種類くらいあったように思います。

この串かつはディナー限定で、ランチブッフェでは提供されてないようです。

このように、大阪ならではのグルメがたっぷり味わえます。

ちなみにこれらはグランディナーブッフェではすべて食べることができます。

プチディナーブッフェでは、たこ焼き、どて焼き、紅しょうが天、串かつだけに限られます。

バラエティの富む料理の数々

ほかにもいろんなメニューが揃っています。

この日はイースターのフェア開催中でしたので、イースターらしいメニューも多かったです。

それではざぁーっとご紹介しましょう。

まずは、ごはん&味噌汁から。

スープ&ライス

ごはんと味噌汁はなくてはならないものですよね。

ここがグランディナーブッフェゾーンの一番奥になります。

野菜のうまみがギュッと出たおいしい野菜カレーがありました。

野菜カレー

カレーの付け合わせのらっきょうや福神漬、お味噌汁に入れるねぎ、わかめ、巻き麸がありました。

ごはんのおともになる青しそきゅうり、ゆず大根も。

スペアリブ(カレー風味)です。ビールにあいます。

シュウマイ。

シュウマイ

ナポリピザ。

ナポリピザ

初夏のガーデンサラダ。

サラダ

マリネサーモン

マリネサーモン

野菜のピクルスやメランジェサラダ。

ドレッシングもたくさん。

ドレッシング

生ハムやシュリンプ。

生ハムやシュリンプ

冷製スープ、この日はたしかビシソワーズでした。

冷製スープ

ごはんだけじゃなくパンコーナーも。

パンコーナー

バターやジャムも。

ジャムやバター

チキンのエスカベッシュ。

たまごとポテトのサラダ。

アスパラとベーコン、半熟卵添え。

イースター風のちらし寿司も。

ビーフストロガノフ。

白身魚のソテー。

ガーリックシュリンプ。

ガーリックシュリンプ

シメにぴったりのお茶漬け。トッピングも充実してます。

お茶漬けも

スタッフドエッグ。

人参のムース。

モチコチキン。

ミートローフ。うずらたまごがかわいらしいですね。

エッグスラットやミートボール。

キッシュ。

キッシュ

そしてコーンスープ。

コーンスープ

シリアル系もあります。

シリアル系

シリアルにあわせる特濃ミルクも用意。

フルーツ系も充実。

フルーツ

デザート類もたくさんあって子どもたちも大興奮まちがいなし

デザート

デザート類たくさん揃ってます。

子どもたちも大興奮間違いなしです。

その中でも一番の目玉はチョコレートフォンデュ(チョコレートファウンテン)。

チョコレートファウンテン

ミルクチョコレートと抹茶チョコレートという組み合わせ。

バナナ、パイナップル、マシュマロ、グリッシーニ等が用意されてました。

そして、カップイアイスやシューアイスもいろいろ。

カップアイスやアイスシュークリーム

全部で12種類でした。

ショーケースの中にかわいいミニケーキがたくさん。

ショーケースの中のミニケーキ

パンケーキもありました。

パンケーキトッピングコーナー

自由にトッピングして楽しむことが可能。

パンケーキ

和風パフェづくりコーナーというのもありました。

パフェ作りコーナー

ここまではグランディナーブッフェでないと食べることができません。

デザート中心に夕食を考えてる場合は、プチディナーブッフェにすると上記のデザートはどれもNGですので、よく考えましょう。

これからご紹介するデザートはプチディナーブッフェでもOKです。

たとえば、フルーツポンチ。

フルーツポンチ

抹茶のわらび餅とか。

粒あん入りタピオカミルク。

これだけあれば十分という人もいるでしょうね。

ドリンクメニューも申し分なし

ドリンクバー

ドリンクコーナーにはドリンクバーやコーヒーマシーン等があって、特に不満はありません。

コーヒーマシーン

紅茶やお茶も。

紅茶のティーバッグ

果汁100%のアップルジュースやオレンジジュースも。

オレンジジュースやアップルジュース

あとはすでにご紹介したミルクやミックスジュースもありますので、申し分なしですね。

ワインやカクテルが特徴的なアルコールメニュー

生ビール

この日は生ビール1杯だけにとどめましたが、アルコールメニューも充実してます。

メニューをもとに紹介します。

まずはスパークリングワイン。ショットで1,300円、ハーフボトルで3,800円。

赤ワイン、白ワインともにいろいろ揃ってますね。

ビールはプレモル、アサヒエクストラゴールド、ハワイアンビールまで。ハイボール、焼酎、日本酒ももちろんあります。

フルーツワインやワインカクテルは女性が好きそうですね。

大阪産デラウェアのスパークリングワイン「たこシャン」もあります。

ストロベリーカクテルやチョコレートカクテルも。

カリフォルニアワインを紹介するコーナーもありました。

でも「フェア」と書いてあるので期間限定なのもしれません。

これはノンアルコールですが、「大阪ドリンク」ということでひやしあめもありました。

大阪ドリンク

こう見るとお酒のメニューも大阪やアメリカ、ハワイにちなんだものを用意してるのがわかりますね。

ちなみにお酒の飲み放題は2時間制で2,000円でした。

対象アルコールは、ビール(瓶)、赤ワイン、白ワイン、ウイスキー、焼酎。

ほかのオフィシャルホテルのレストランに比べて料金設定が高いわりに、飲める種類が少ないのでお得感はあまり感じません。

ビールは瓶のみで、生ビールも飲めませんので、私はこの日は飲み放題はチョイスしませんでした。

確実に3杯以上飲むような人でなければ検討してもいいかと思います。

2,000円という価格なので、せめて生ビールはOKにしてもらって、あとはカクテル系やスパークリングワインも対象ドリンクにしてもらいたところです。

スポンサーリンク

さいごに

というわけで、アーカラで食べた夕食バイキングの感想や料理のメニューや種類をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ハワイアンな雰囲気も楽しめるおすすめのレストランです。

お料理は基本どれもおいしく、シェフが目の前で調理してくれるローストビーフやオムレツはクオリティが高いので、ぜひ味わってもらいたいですね。

あれもこれもたくさん楽しみたいのであればグランディナーブッフェがおすすめ。

でも4,350円と少し高めの料金設定です。

それにホテルに宿泊しているからといってこのレストランの割引クーポンをもらえるわけでもありません。

またWEB上でもクーポンはどこも出してないようです。(2017年6月現在)

ほかのホテルのレストランでは割引クーポンが発行されてることが多かったので、この点は今後に期待したいところです。

このレストラン「アーカラ」の夕食バイキングはこのホテルに宿泊してない人でも利用可能ですので、USJ帰りに立ち寄ってみるのもおすすめです。

以上、パークフロントホテルのレストラン「アーカラ」でグランディナーブッフェを食べてきた時のレポートでした。



パークフロントホテルの夕食バイキングをレストラン「アーカラ」で食べた感想

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。