【USJ周辺ホテル】デイユースプランが利用できる徒歩圏内のホテル!休憩や仮眠、着替えなどに便利!

ホテル京阪ユニバーサルタワーの看板

デイユースプランを利用すれば休憩や仮眠、着替えができます。

歩き回って疲れた身体を空調が効いた部屋でゆっくりと休ませることもできます。

天候が悪い日、急な体調不良の際にもデイユースプランは重宝するでしょう。

それでは、さっそくUSJから徒歩で行けるデイユースプランがあるホテルの価格、詳細、アクセス、デイユースプランのメリットやデメリット等をお伝えしましょう。

【USJデイユースホテル】プランの内容

ホテル京阪ユニバーサルタワー

デイユースプランとは、時間制でホテルに滞在することです。

宿泊はせずに一定の時間で部屋を借りるプランを指します。

ホテルに設置されている設備は自由に使えます。

シャワーやコンセント、ベッド、鏡等が使えるため身支度や休憩ができます。

新幹線、飛行機、電車の時間までの滞在にも便利でしょう。

スポンサーリンク

【USJデイユースホテル】場所、詳細

ユニバーサルシティ駅

全てのホテルにデイユースプランが設けられているわけではありません。

USJから徒歩圏内のデイユースプランがあるホテルをご紹介しましょう。

ホテル京阪ユニバーサルタワー

ホテル京阪ユニバーサルタワーの出入り口
  • 料金:2名1室4,800円から(朝食なし 昼食なし 夕食なし)
  • 支払い方法:現地払い
  • 時間帯:10時00分~15時00又は11時00分~16時00分(最大5時間の利用が可能)
  • 駐車場:5時間一律1,800円、5時間以上ご利用の場合は20分毎に200円
    ※駐車場の予約は不可
    ※車高2.1m、全長5m以上のお車は事前にホテルへの連絡が必須
  • 場所:〒554-0024 大阪市此花区島屋6丁目2-45
  • 電話番号:06-6465-1001
  • アクセス:ユニバーサルシティ駅目の前、USJまで徒歩2分、阪神高速ユニバーサルシティ出口からホテル京阪 ユニバーサルタワー正面玄関まで
ホテル京阪ユニバーサルタワー

パークまでのアクセス、ユニバーサルシティ駅からのアクセスが抜群な立地にあるホテルです。

朝から歩き疲れた身体を休める場所としてもぴったりでしょう。

朝1番からパークオープンを待っていると昼頃には眠気に襲われることもあります。

パークの中では飲食店やベンチ、グラマシーパーク(芝生のエリア)でうたた寝しているゲストもいます。

ホテルのベッドで1時間~2時間眠るだけですっきりするでしょう。

ホテル京阪ユニバーサルタワーはパークまで徒歩2分です。

ホテル京阪ユニバーサルタワーとパークの入り口は、かなり近いです。

距離だけを見るとホテル京阪ユニバーサルタワーは、パークの入り口から遠いエリアよりも近い場所で休憩しているとも考えられます。

パークとホテルの間にはユニバーサルウォークがあるため、飲食店やコンビニ、服屋等で買い物も楽しめます。

ホテル京阪ユニバーサルタワーのデイユースプランを実際に使ってみたレビュー記事もぜひ参考にしてください。

ホテル京阪ユニバーサルタワーのデイユース(日帰り)プランを使ってみた感想

ラジェントホテル大阪ベイ

ラジェントホテル大阪ベイの出入り口

※2022年7月現在、デイユースプラン受付停止中

  • 駐車場:ホテル内駐車場の利用料金1泊1,500円利用台数は普通車5台(内1台は支援者用駐車場)、ホテルより徒歩約10分の駐車場の利用料金1泊1,000円利用台数は10台、他近隣の駐車場有り
  • 場所:〒554-0031 大阪市此花区桜島1丁目1-57
  • 電話番号:06-4804-1771
  • アクセス:JR桜島駅より230m徒歩4分、JRユニバーサルシティ駅740m約10分、阪神高速2号淀川左岸線ユニバーサルシティより約4分(北港JCT方面)
ラジェントホテル大阪ベイ

パークまでのアクセスは徒歩10分とやや遠さがありますが、桜島駅からは徒歩4分で到着できます。

Zepp大阪ベイサイドにも隣接しています。

ただ、2022年7月現在、デイユースプランの受付が停止しているため注意しましょう。

公式サイトから「日帰りプランを検索」でデイユースプランの受付をおこなっているかの確認が可能です。

桜島駅付近に車を停めているゲストにとっても利便性が良いでしょう。

【USJデイユースホテル】メリット

ラジェントホテル大阪ベイの看板

デイユースプランには下記の3つのメリットがあります。

  • 仮眠が取れる
  • 着替えができる
  • ホテルのサービスを受けられる

ベッドで仮眠ができるところは、何よりも最大のメリットでしょう。

ハロウィンの時期や仮装をしてパークへ向かいたい方にとって、ホテルの部屋はゆっくりと身支度ができる最適の場所でしょう。

ハロウィン期間は、パーク内に仮装できる場所が設置されますがホテルだとよりのんびりと準備ができるはず!

鏡もあるため、メイクアップやヘアセットもできます。

また、お風呂、ドライヤー、コンセント等のホテルのサービスが利用できる点も大きなメリットの1つです。

【USJデイユースホテル】デメリット

ホテル京阪ユニバーサルタワー

デイユースプランには下記の3つのデメリットがあります。

  • 料金が発生する
  • USJを退場する必要がある
  • 時間制限がある

デイユースプランはもちろん、料金が発生します。

1,000円~2,000円ほどの価格ではなく、4,000円~5,000円ほどはかかるため安値ではありません。

パーク付近でデイユースプランをする際は、一度パークを退場しなければならないところもデメリットです。

USJのスタジオパスは基本的に再入場できません。

再入場を考えて、デイユースを利用できるゲストは年間パス保持者のみになります。

スタジオパスで遊ぶゲストがデイユースプランをうまく利用する方法は、入退場のときでしょう。

年間パス以外のゲストは、デイユースプランで休憩してからパークへ入場したり、遊び尽くしてから帰宅前の休憩のためにデイユースプランを使うと便利でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ラジェントホテル大阪ベイ

デイユースプランを利用すれば、パークでの疲れを癒したりメイクアップやヘアセットができます。

USJの徒歩圏内にあるデイユースプランがあるホテルは、ホテル京阪ユニバーサルタワーとラジェントホテル大阪ベイの2つです。

特にホテル京阪ユニバーサルタワーは、パークから徒歩2分、ユニバーサルウォークが目の前にあるため利便性が良くおすすめです。

デイユースプランを使いこなせば、パークでの疲労を取りながら1日中遊び回れるでしょう!



いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください