USJのニューヨーク・エリアはエンタメの中心地を再現!人気アトラクションやレストランも!

USJのニューヨークエリア

かつて、ある田舎娘がタクシーに乗り「世界の中心につっれてって」と運転手に頼みます。

すると運転手はある場所に連れていき「さぁここが世界の中心だよ」と答えその少女をおろしました。

その場所はNYのタイムズスクエア。

そして、その時の田舎娘が、あの世界のディーヴァ・マドンナその人です。

そんな、だれもが認めるエンタメの中心地ニューヨークの古き良き姿をUSJに再現したのがこの「ニューヨーク・エリア」です。

今回はそんなエンタメの中心地NYを再現した、このエリアの魅力に迫ります。

1930年代のNY

ニューヨークエリア

USJのニューヨーク・エリアは1930年代のNYの街並みを再現したエリアです。

1930年代のNYと言えば、1929年の大恐慌で経済的などん底に落とされてから、1939年のニューヨーク万博開催という華々しい復活を遂げるまでの激動期。

絶望から這い上がる人々の雑多な雰囲気を持った熱気があふれ、最もNYが熱かった時代。

世界恐慌にあえぐヨーロッパから、技術とカリスマを持った人たちがNYに集まり、それまで素人演劇に近かったブロードウェイに本格的ミュージカルが生まれたのもこのころです。

エンタメの中心地である今のNYが生まれる、まさにその産声が聞こえてくる。このエリアはそんなNYを再現した場所です。

スポンサーリンク

エンタメ色抜群のアトラクション

スパイダーマン

そんなエンタメの中心地NYをモチーフにしたこのエリアのアトラクションは、もうエンタメ感抜群。

一つ目は迫力の3D映像が迫る「ターミネーター2:3-D」。

近未来SFの金字塔であるターミネーターを主題にしたこのアトラクションは、その映画のイメージそのものの迫力とスリルにあふれています。

あのガイコツ風サイボーグや自在に形を変える液体金属風のサイボーグがスクリーンから飛び出すのですから、これはド迫力間違いなしでうしょね。

そしてもう一つが「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D」。

ただの3Dではなく、世界最新技術である4K映像とマッチングさせた4K3Dは、もうその映像の凄さを体験するだけで価値があります。

スポンサーリンク

まとめ

パークサイドグリル

いかがでしたか「ニューヨーク・エリア」。

街並みもアトラクションも、体中で世界最高峰のエンタメを楽しめること間違いなしですよね。

ちなみに、グッズショップやレストランは、一変してオシャレの中心地NYを体現したオシャレ感抜群のショップです。

「パークサイド・グリル」も「フィネガンズ・バー&グリル」もハリウッド俳優や女優になった気分に浸れそうなNYのオシャレ感が漂います。

グッズショップの「ユニバーサル・スタジオ・スーベニア」では、店名通りUSJならではのグッズがたくさんありますし、お買い物を始めたら終わりが見えない楽しさです。

本家NYが世界の中心なら、ここはUSJの中心。

初めて世界の中心に立ったマドンナの興奮の一端が、USJの中心であなたも味わえるかもしれませんよ。



USJのニューヨークエリア

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。