USJの本格的ピッツァ専門店「アズーラ・ディ・カプリ」の魅力!まるで地中海リゾート!

USJの本格的ピッツァ専門店「アズーラ・デ・カプリ」の魅力

イタリア屈指の美食の都ナポリのすぐそば。

地中海に浮かぶ小さなリゾートアイランド、神秘的な青色の光に満たされる「青の洞窟」で有名なその島の名は「カプリ島」

そんな、カプリ島をイメージして作られたピザ専門店、いやピッツァ専門店がここアズーラ・ディ・カプリです。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の中で食べられるピザ。

なんて認識でいくと、びっくりすること間違いなしの本格派。

今回は、そんな「アズーラ・ディ・カプリ」の魅力に迫ってみようと思います。

まるで地中海リゾート

まるで地中海リゾート

アズーラ・ディ・カプリはニューヨークエリア・セントラルパークの近くにあります。

そして、その外観は、まさに地中海。

その外観だけを眺めていたら、まさに映画のテーマパークであるUSJにふさわしく、上質な恋愛映画の1シーンのようにすら感じる佇まいです。

そう、まるで、ハリウッド女優がつばの広い帽子をかぶって出てきそうな雰囲気。

カプリ島の青の洞窟をイメージしただけあって、地中海地方独特の白漆喰の建物に、青の差し色が効果的に使われたオシャレな外観は、それだけで見もの。

きっと、地中海リゾートにやってきたような雰囲気と美味しいチーズの匂いで、ふらふらと足を踏み入れたくなることでしょう。

スポンサーリンク

アズーラ・ディ・カプリの料理ももちろん本格的

カプレーゼ

そんな、本格的な地中海の風を感じられる建物の中で食すのは、これまた本格的なイタリアの味。

石窯でしっかりと焼かれた、珠玉のピッツァたちです。

そんな中でも、ぜひとも食べてほしいのがピッツァカプレーゼ。

トマト・モツァレラチーズ・バジルといわゆる皆さんがイタリア料理屋でよく食べる、サラダのカプレーゼと同じ材料で作られたピッツァです。

なんでもそうですが、料理において素材がシンプルなごまかしのきかない料理は、その店の実力を知るいい指標になります。

そして、そんなシンプルなこのピッツァが、本当においしいのです。

トマトの甘みと酸味、モッツァレラの甘いミルキーな香りととろける舌ざわり、そしてそれらをまとめて引き締めるバジル。

カプレーゼとはカプリ島のという意味を持つ料理だけあって、アズーラ・ディ・カプリの真骨頂と言っていいでしょう。

シンプルなこのピッツァがここまでうまいのですから、ほかのピッツァに関しては言うまでもないですよね。

アズーラ・ディ・カプリのメニュー

アズーラ・デ・カプリのメニュー

お店の前にメニューが掲げられていたのでカメラでパシャリ。

これ以外にもあるようですので、ここに紹介されているのは厳選されたメニューということでしょう。

いくつか抜粋してここでもご紹介しましょう。

ピッツァ

  • ピッツァアズーラ 2,840円
  • カプリチョーザ 2,840円

前菜・サイドメニュー

  • アンディパスト・ミスト 1,040円
  • イタリアンサラダ 540円

デザート

  • ティラミス 600円
  • ブラッドオレンジソルベ 390円

アルコール

  • ドラフトビール(プレミアムモルツ) 750円
  • 角ハイボール 550円
  • ワイン(赤/白) 520円

ドリンク

  • エスプレッソ 290円~
  • カプチーノ/カフェラテ 460円

そうそうアズーラ・ディ・カプリの営業時間もこのメニューに記載されていましたね。

11:30~14:30です。

でもこれは営業日によって異なるかもしれませんので、直接は現地で確認されるかUSJに電話してお問い合わせくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

アズーラ・デ・カプリ

いかがでしたかUSJ内の本格ピッツァのお店「アズーラ・ディ・カプリ」。

きっと、その雰囲気にも味にも満足していただけると思います。

ちなみに、レストランの楽しみは、メインのお料理だけではないですよね。

しかしそこはドルチェの本場イタリアン。

アズーラ・ディ・カプリのティラミスは、もう、格別のお味だと言っておきます。

※食レポはこちら。

USJで超おいしいピザを食べられるイタリアンレストラン「アズーラ・ディ・カプリ」へ行ってきた話

2017.02.17



USJの本格的ピッツァ専門店「アズーラ・デ・カプリ」の魅力

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。