【沖縄からUSJへの行き方・行く方法】飛行機とフェリーの比較、2泊以上がおすすめ

沖縄からUSJへの行き方・行く方法

沖縄からUSJは、直線距離にして1,000キロ以上離れ、新幹線やバスで直接アクセスすることもできないため、他の地域よりも条件が不利と思われがちですが、お得に行く方法も存在します。

ここでは、沖縄からUSJへ行く方法と所要時間とおおよその料金をご紹介します。

2泊以上がおすすめ

沖縄からUSJに行く場合、最短で行くことができる飛行機を利用しても当日の朝に現地に到着することはできませんし、次の日の朝から入園できても、1泊2日の場合は夕方にはパークを出て空港に向かう必要があります。

このため、USJを一日満喫したいときは、2泊以上現地に宿泊することをおすすめします。

スポンサーリンク

飛行機を利用する場合

沖縄からUSJへ飛行機で行く方法

沖縄から関西方面への便は、那覇空港、宮古空港、新石垣空港の3つの空港から発着し伊丹空港、関西空港との間を結んでいます。

利用できる航空会社も複数あり、サービスやコストに応じて選ぶことも可能です。

中でも、USJでの滞在費やお土産代に予算を多く使いたいという方は格安航空会社(LCC)の利用をおすすめします。

沖縄に路線があるLCCは那覇空港と新石垣空港を発着しているピーチ航空があります。

格安航空会社なので、通常運賃もフルサービスの航空会社よりも安く抑えられていますが、沖縄への訪問客が少なくなる冬の時期は搭乗客も少なくなるため、さらに安く利用することができます。

また、定期的にタイムセールが開催され、片道わずか数千円で利用することもできます。

またフルサービスの航空会社でも、45日以上前から購入できる早割を利用することで、片道8,000円台でチケットを購入することができます。

フェリーを利用する場合

沖縄からフェリーでUSJに行く

沖縄と大阪の間には、飛行機以外にフェリーも運航されています。

那覇新港を出発したフェリーは、与論島、沖永良部島、徳之島、奄美大島、神戸を経由して大阪南港に到着します。

途中経由地が多いため所要時間が長いことが難点で、大阪-那覇間は3日かかります。

また運賃も2等和室を利用する場合でも大人片道19,330円で、寝台料金も別となります。大阪南港からはUSJに直行するシャトルバスが運行されていますが、USJで過ごす時間を優先させたい方にはおすすめできない移動手段かもしれません。

しかし、飛行機と比べてのんびりと目的地へ向かうのもまた格別で、忘れられない旅となることが間違いありませんので、時間や予算に余裕のある方にはぜひ一度試していただきたい方法です。

スポンサーリンク

まとめ

沖縄と大阪は陸続きではないため、利用できる交通手段は飛行機とフェリーに限られます。

しかし、利用時期によって料金にも差があり、時期によってはとてもお得に行くことが可能です。



沖縄からUSJへの行き方・行く方法

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。