ホテルユニバーサルポートの朝食バイキングはポートダイニングリコリコで!気になる料金や時間は?

USJに行った時に泊まったUSJオフィシャルホテルの「ホテルユニバーサルポート」。

このホテルに宿泊した時は朝食付きプランにしましたので、朝食もガッツリ楽しんできました。

朝食バイキングですので食べ放題なわけですね。

レストランは「ポートダイニングリコリコ」。

それでは、このホテルユニバーサルポートの朝食バイキングのようすをご紹介しましょう。

「どんな内容の朝食なんだろう?」と気になっている方はぜひチェックしてみてください。

朝食バイキングの料金や時間、用意されてるメニューも写真付きでまとめていきたいと思います。

朝食会場はホテル2Fのポートダイニングリコリコ

朝食バイキングを実施しているレストランはポートダイニングリコリコというところで、2Fフロアにあります。

ホテルユニバーサルポートにはエレベーターが2箇所(計6基)ありますが、どちらを使ってもエレベーターホールのすぐ前がこのお店になります。

ですので、すぐに場所はわかるはずです。

でも北東側のエレベーターからのほうが入り口は少し近いです。

上の写真は、逆の南西側のエレベーターから撮ったもの。こちらのほうが遠いのがお分かりいただけるかと思います。

時間帯としては混雑している場合もあり、その時は列に並んで待つ必要があります。

でもホテル14Fのポートディープオーシャンフロアに宿泊されている方は優先案内されるようです。

ポートディープオーシャンフロア専用入り口というのが用意されていました。

スポンサーリンク

朝食バイキングの料金や営業時間は?

私は朝食付きプランにしましたので別途料金はかかっていませんが、朝食だけを別に支払う場合の料金体系は次のようになっています。

  • 大人(中学生以上):2,800円
  • 子供(小学生):1,700円
  •  幼児(4歳以上の未就学児):950円

※いずれも税金・サービス料込み

なお、全席禁煙となっています。

そして、朝食バイキングの営業時間は

6:30~10:30

です。

時間制限は特にないようです。

なお、楽天トラベルやじゃらん等のホテル予約サイトでは、朝食付きプランと朝食なしプランでは1850円程度の差です。

なので、朝食バイキングを絶対利用したいと考えている方は、朝食付きプランを予約しておいたほうがお得です。約1000円ほど、得になる計算です。

私も朝食プランにした理由はそこにあります。

バイキングエリアを中心に5つのエリアに別れる

さて、店内に入ると朝食バイキングの利用券をチェックされた後、テーブルまで案内されます。

店内はほぼ中央にバイキングエリアがあり、その周辺に5つのエリアがあります。

といっても、特に深い意味はないようで、どのエリアでも大差ありません。

ただ、雰囲気は少し異なるところがありますので、あとは好みというところでしょうか。

バイキングエリア

グループゾーン

ファミリーゾーン

ウッドデッキルーム

クルーザールーム

すみません、ここはファミリーゾーンでして、一番奥に小さく見えてるのがクルーザールームです。写真撮り忘れたようです。

サブマリンルーム

この場所のみポートディープオーシャンフロア専用エリアとなっていました。

サービス的に優遇されてるかどうかまでは分かりません。

公式サイトを見ると、このレストランの座席総数は342席あるそうです。

朝食バイキングは90種類以上のメニュー

さて、肝心の朝食バイキングのメニューですが、和食も洋食もどちらも充実したメニューが用意されているので安心です。

では、できるだけ細かくより具体的にご紹介したいと思います。

朝からステーキをがっつりいただける!

その場で焼いてもらったステーキをがっつりといただくことができます。

この後、USJでたっぷりと遊んでも疲れないように、パワーチャージできそうですね。

サイコロ状にカットされていて食べやすい。フライドポテトも添えてもらえます。

白ご飯もほしくなりますね。

そうそうステーキが焼きあがったら鐘を鳴らして教えてもらえますよ。

キッズコーナーがあるので子供も安心

キッズコーナーがあり、子供がすきそうなメニューがたくさん用意されています。

ミニオンも発見!

子供用のお皿やコップ等の食器類もあってうれしいですね。

ミートボールやウインナーがあるのでこどももよろこびますよね。

揚げ物やウインナーパンがこの日はありました。フォークやストローもありますよね。

ゼリーやバームクーヘンもうれしいですよね。

大阪ならではのメニューが楽しい

「大阪の味」というコーナーが用意されます。

このホテルのとまっておられる方は、USJに遊びに来る目的が一番だと思いますが、せっかくの大阪です。

この大阪という土地も楽しみたいという願いはあるはず。

なので、このように大阪ならではのメニューがあると旅行気分がより高まりますよね。

朝からたこ焼きもたのしいですよ。

たこ焼き用のトレーでテンションあがります。

ソース、マヨネーズ、青のり等でセルフサービスです。

ミニお好み焼きもありますよ。

そして、このホテルのおすすめメニュー「ミックスジュース」です。

これも大阪名物ですよね。

ジューサーが4つありましたが、たぶんすべて同じ味だと思います。

違ってたら、ごめんなさい。

これは大阪とは少し離れるかもしれませんが、明石焼きがあります。

新世界にいかなくても鎮座したビリケンさんに会えますよ(笑)

手作りおにぎりが食べられる

これはうれしい手作りのおにぎりです。

中身なしの塩のみのおにぎり、あとはこんぶとスパムでした。

長く置いてあったおにぎりは少しカピカピになっているので、にぎりたてのおにぎりをもらいましょう。

その他のメニューや設備等を一挙にご紹介

それでは、その他のメニューや設備等についても写真とともにまとめてご紹介しましょう。

和食はこれだけではないんですが、この一角に納豆やひじき、煮物等が置いてありました。

ご飯のお供のコーナー。卵焼きとか焼き海苔とか。

お米もおいしい!ふりかけもありました。

コーススープやカレーも。

お粥の薬味コーナー。

飲茶コーナー。

梅干しやお漬物もいっぱい。

お魚も。

つめたいうどんもありました。

焼きそば、ソーセージ、ベーコン。

スクランブルエッグ。

フライドポテト。

サラダコーナー。ドレッシングは3種類。

野菜もたくさん食べて体を整えましょう。

カマンベールチーズ、レッドチェダーチーズ、ブルーチーズも。

コールミート、スモークサーモン。

パンもたくさん用意されてます。

ジャムやバターも揃います。

お菓子?と思いましたが、これはサンプルなのでただの飾りでした。

コーンフレーク系もあります。

フルーツも豊富。

ヨーグルトはストロベリー、マンゴー、ブルーベリーというソースとともに。

ナタデココ、杏仁豆腐も。

スーパードライエクストラコールド!!!

紛らわしくてすみません。これは朝食バイキングに含まれてません。

でもなぜか隠してるわけでもなく存在感をアピールしてきます。

おそらく別料金払えば、生ビールも飲むことができるんでしょうね。

私も飲みたかったけど、がまんしました。

そして、トマトジュース、牛乳、オレンジジュース。

コーヒーコーナーその1。

コーヒーコーナーその2。

テーブルには、おてふき、カトラリー置き(箸置き)、はし、フォークがもともと用意されてました。

お帰りの際には、このカードを入口までお持ちください。

順路????

順路があったのでしょうか?

この日は特になかったですが、混雑している時はあるのかもしれません。

このトレーやプレートを使います。

このようにタテに置いてください。スペースが広く使えます。

私はファミリーゾーンのテーブルに座りましたが、窓からUSJパークのようすが少し見えましたよ。

早く食べ終えてUSJに遊びに行きたいぞー。

気になった点はデザート類が少ないという点だけ

味もなかなかおいしかったですし、メニューも豊富で、ほとんど不満はありませんでした。

ただ、ひとつだけ気になる点がありました。

それはデザート類が少ないということ。

食後のお口直しという意味では、フルーツ類はあったものの、それ以外といえばヨーグルトにナタデココ、杏仁豆腐程度です。

バイキングといえば、もう少しケーキやアイス類が充実していることが多いです。

私が見落としている可能性もありますが。

なので、要望としてはその1点くらいです。

スウィーツをもっと増やしてください。

これは個人的な好みですが、食後にホットコーヒーを飲みながら、バニラアイスとチョコケーキを食べることができたら、もっと幸せです。

スポンサーリンク

さいごに

というわけで、かなり長い内容となってしまいました。

この朝食バイキングの会場となっているポートダイニング「リコリコ」では、ランチバイキンやディナーバイキングもやっています。

それもたのしみですよね。

以上、ホテルユニバーサルポートの朝食バイキングをポートダイニングリコリコで堪能したお話でした。

合わせて、朝食バイキングの料金や営業時間、提供されているメニュー等の紹介もさせていただきました。

ホテルユニバーサルポートに泊まることがあれば、ぜひこの朝食を楽しんでくださいね。



いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。