ジョッキの底からビールを注ぐ?トルネード・ディスペンサーは飲み過ぎ注意のビールサーバー

トルネードビールサーバー

先日、USJに行った時に泊まったホテル京阪ユニバーサルタワーで面白いビールサーバーを発見しました。

場所はこのホテル3Fのカジュアルレストラン「ザ・ガーデン」です。

夕食バイキングの時に飲み放題を追加したのですが、生ビールは「セルフでお願いしてます」とのこと。

普通のビールサーバーだと面倒くさいなぁと思うのですが、これはまったく新しいビールサーバーでした。

名前は「トルネード・ディスペンサー」。

なんとビールがジョッキの底から沸き上がってきます。

百聞は一見にしかずですね、まずは動画をご覧いただきましょう。

ジョッキの底からビールが湧き上がるトルネードディスペンサーの動画

はじめてでやり方がわからなかたったのでレストランスタッフの方にやっていただきました。(勝手に止まるはずですが、なぜかボタンを押して止めているようにも見えますね…)

スポンサーリンク

写真でもご覧ください

動画は再生したくない、という人もいるかもしれませんので、写真も何枚か載せておきたいと思います。

ビールジョッキの下からビールが増えてくるなんて手品か?と思ってしまいますが、ジョッキの底面にからくりがあります。

このように注ぎ口用の穴が空いてます。といっても、逆止弁となってるため、中に入ってるビールがここから溢れることはありません。

逆止弁付きの注ぎ口の穴

そして、トルネードのマシンに装着します。

トルネードに装着

すると、あら不思議。ジョッキの底からビールがグイーーーッと湧き上がってきます。

装着完了

ジョッキ内に泡がついてるのは、飲み放題でこのジョッキを何度も使ってるためです。

ビールがライトで照らされてさらに黄金色に輝いて、かっこいい!

ビールがライトで光る

まさにトルネード!!!

さあ、もうすぐいっぱいになりそうです。

もうすぐ充填完了

充填完了です。

充填完了

自動で止まるため吹きこぼれの心配はありません。(上の動画では少しだけ泡がこぼれましたけどね)

上から注ぐビールサーバーだと、うまく入れないと溢れる心配があったりしますが、これなら安心です。

トルネードはアサヒビールの製品

このビールサーバーはアサヒビールの製品です。

だからスーパードライという文字も見えますよね。

全国でも数百箇所のレストランや会場に設置されてるそうですので、遭遇したら幸運の持ち主ですね。

お客もお店もうれしいWin-Winのマシン

トルネードはこのように生ビールをおかわりして何度も飲みたくなる魅惑のビールサーバー。

私は、飲み放題プランなので、ジョッキは交換なしでそのまま使いました。

ということは、このジョッキをずっと使うわけなので、飲み終わったジョッキの回収の必要もなければ、洗いものもその分減るというわけです。

さらにセルフサービスであれば、店員やスタッフの手間も省けます。

その分のエネルギーをそれ以外の仕事に向けられますよね。

(お店のシステムによってはジョッキをそのたびに交換してくれるとこもあると思います)

お客もこのサーバーを使いたいので、何度も飲みたくなります。

それもこれまでの普通のビールサーバーのように注ぎミスの心配もないので安心です。

トルネードに設置したらそれで完了ですからね。

このビールが底から湧き上がってくるようすを見るのは気持ちがいいものです。

黄金色にライトアップされるのも眺めていてい爽快です。

楽しくておいしいビールがたくさん飲めるというのは、われわれ利用者側としてはすごくありがたいですよね。

といっても、これは飲み放題の場合に話は限ります。

1杯ごとにお金がかかる場合は、飲めば飲むほど懐は寂しくなります。

あとはお店側が負担する設置コスト次第ですかね。

でも、お店側のコストさえ解決できているなら、このトルネード・ディスペンサーはまさにWin-Winのビールサーバーじゃないでしょうか?

トルネードがあれば、楽しくビールを飲む人が自然と増えるはずなので、これからもどんどん増えていってほしいです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、USJに行った時に宿泊したホテル京阪ユニバーサルタワーで新タイプのビールサーバー「トルネード・ディスペンサー」に出会ったお話でした。

USJのオフィシャルホテルの中でも設置してあるレストランはほかにもあるかもしれません。

どこかで出会ったらぜひ利用してくださいね。

そして、楽しすぎて何杯もおかわりしたくなりますので、飲み過ぎにはご注意を。



トルネードビールサーバー

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。