USJ 任天堂エリアの目玉はマリオカートのアトラクション!場所は平面駐車場と予想

USJの任天堂新エリアはマリオカートのアトラクションが目玉

先ごろ、USJから公式発表があった「SUPER NINTENDO WORLD」が日本中の話題となっています。

この新エリアの建設着工式が2017年6月8日に行われました。

「NINTENDO」の名前が示す通り、ゲーム界で一大旋風を巻き起こした任天堂とUSJがタッグを組んで、巨大な複合型アトラクションエリアを創り出すようです。

2020年の東京オリンピック開催で湧き上がる興奮そのままに、関西圏でも大きな動きとなりそうです。

建設着工式が開催されたばかりの「SUPER NINTENDO WORLD」について、その詳細を探ってみましょう。

2020年までにオープン予定の任天堂エリアの場所は?

2020年の東京オリンピック開催に先駆けてオープンするように、「SUPER NINTENDO WORLD」の建設が始まりました。

場所はUSJに隣接した広大な土地です。

ウォーターワールド」と「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」に挟まれた場所になります。

現在、平面駐車場の部分が工事をしていますので、きっとここに任天堂の新しいエリアが完成するはず。

USJ任天堂エリア「SUPER NINTENDO WORLD」の場所

ここに建設費約600億円を投じ、世界で未だ誰も見た事も体験した事もない、二層構造の巨大複合エリアが出現します。

これに伴い駐車場スペースが大幅に減ることになりますが、そこはすでにUSJも対応済みのようです。

JR桜島駅近く「ラジェントホテル大阪ベイ」というホテルすぐ東側に新しい立体駐車場が建設中です。

2017年夏以降に稼働するようです。

USJの新しい立体駐車場

詳しくはこちらの記事もごらんください。

ラジェントホテル大阪ベイの駐車場やアクセス

二層構造とは?

「SUPER NINTENDO WORLD」は単なるアトラクション施設ではありません。

ショップやレストラン、そして任天堂が誇る「マリオカート」が体感出来る複合型の壮大なエリアなのです。

任天堂ゲームが画面から飛び出して、わたしたちがマリオとともにカートで駆け巡る。

USJの最新技術と任天堂のゲーム観を駆使した最新鋭のエリアを目指しています。

2017年6月8日(木)建設着工式セレモニー動画↓

スポンサーリンク

目玉は「マリオカート」のアトラクション

任天堂と言えば「マリオ」。

そして、ゲームの中で大活躍する「マリオカート」が「SUPER NINTENDO WORLD」には欠かせません。

ただのカートをUSJが巨額を投じて作るわけはなく、任天堂が持つゲームの世界観とUSJの映像技術やライド型アトラクションで培ったテクノロジーが「SUPER NINTENDO WORLD」に反映されるはずです。

報道公開された建設着工式でも、マリオとともに「コイン」や「スーパーキノコ」が舞い跳び、「ハテナブロック」めがけてジャンプするマリオたちが登場しました。

その様子からも、ゲーム「スーパーマリオシリーズ」を忠実に再現しようとする意欲が見えます。

「マリオカート」だけじゃない?

「SUPER NINTENDO WORLD」は2020年のオープン目指して建設の真っ最中ですが、「マリオカート」だけが「SUPER NINTENDO WORLD」ではないようです。

USJの公式HPには、「SUPER NINTENDO WORLD」のイメージ動画が公開されています。

土管をくぐり抜ければ、そこはマリオたちの世界。

「パックンフラワー」が揺れ、遠くに旗の立つ城が見えます。

コインやキノコをゲットしてたどり着くのは一体どんなゴールなのでしょう。

ショップで販売されるグッズやレストランのメニューなども気になりますね。

スポンサーリンク

さいごに

2020年のオープンが待ち遠しい「SUPER NINTENDO WORLD」ですが、その情報は順次公開される予定です。

USJの公式サイトをチェックして「SUPER NINTENDO WORLD」から目を離さずにオープンまで楽しみましょう。

※追記

新型コロナの影響で延期となっていた「SUPER NINTENDO WORLD」が2021年3月18日についにグランドオープンとなりました。

この新エリアについては以下の記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

USJニンテンドーワールド全体図



いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください