【USJ 貞子】2018年ホラーナイト!実際に体験した感想・場所・昨年と違い・ネタバレなど

「貞子~呪われたアトラクション~」は、2018年9月8日から11月4日のUSJハロウィン期間中の期間限定アトラクションの1つです。

貞子は、ターミネーターのアトラクションがおこなわれている場所で18時から開催されます。

2018年のUSJハロウィンの中で唯一のジャパニーズホラーアトラクションである貞子。

毎年、USJのハロウィンのホラーナイトを盛り上げてくれる貞子を実際に体験した感想や注意点などを詳しくご紹介しましょう。

貞子に呪われたUSJの「あの」アトラクションを実際に体験した感想

貞子はターミネーターがおこなわれている場所で開催されます。

貞子は、ターミネーターと全く別のアトラクションというわけではありません。

「ターミネーター」アトラクションを貞子が呪ってしまうというストーリーになっています。

ターミネーターはハロウィン期間中も、貞子が開催される18時前までの間は通常通りおこなわれています。

貞子を体験する前に通常運転のターミネーターを体験すると、どの部分が貞子によって呪われているかわかるためより一層楽しめることでしょう。

貞子のホラーレベルは星3つで、チャッキーなどに比べるとそれほど、怖いものではありません。

貞子のアトラクションがはじまると、まずはじめにターミネーターと同様、キャストが会場を盛り上げるためにステージ上からゲストに向かって質問を投げかけます。

会場が定員に達したら、キャストは質問を辞め、会場内にあるモニターを見るように指示をだしますが、そこで異変が起きます。

モニターを見終えたら、メインホールへ移動し、さらなる貞子による恐怖を体験することに。

メインホールでは、ひとりひとり椅子に座ってアトラクションを体験します。

日本のホラー特有の音響や雰囲気で怖さの演出や貞子の不気味さに、アトラクション体験中会場内の悲鳴は鳴りやみませんでした。

アトラクションは大量のスモークやリアルな貞子、大きなスクリーンに映しだされる映像や椅子の仕掛けでも恐怖を煽ってきます。

ですが、50人以上が一斉にホラー体験を共有するので、逃げ出したいほど怖い思いはしません。

最後はキャストが出てきてアトラクションの終わりを告げますが「アトラクションが終わった」と、安心したときに訪れる貞子の最後の呪いには大の大人でも悲鳴を上げてしまうことでしょう。

最後の最後まで気の抜けない日本のホラーアトラクションになっています。

スポンサーリンク

マップで確認するUSJ貞子の開催場所

前述しましたが「貞子」の開催場所は、18時までは「ターミネーター」のアトラクションが開催されているところです。

以下のマップからご確認ください。

USJ貞子の開催場所マップ
スマホやタブレット等ではピンチアウトすることでより精細なマップを見ることができます。PCの場合はクリックすると拡大マップデータが表示されます。

2017年と2018年の「USJ貞子」に違いはあるの?

貞子はUSJにとって定番のハロウィンアトラクションです。

2017年のハロウィンの時期にもターミネーターは貞子に呪われてしまいました。

ちなみに、2016年のときのハロウィンでもターミネーターは貞子に呪われています。

2017年と2018年のターミネーターの貞子には違いがあります。

アトラクション自体の怖さや体験時間、大まかなストーリーに大きな変更点はありませんが一見でわかる変更点がありました。

2017年の貞子を体験した方は、2017年と2018年のターミネーターの貞子の変化を探してみても楽しめるのではないでしょうか。

貞子の体験時間は何時から?体験する際の注意点

貞子のアトラクションを体験するために最も注意しなければならない点は、アトラクションの開催時間です。

貞子は開園から閉園までずっと体験できるアトラクションではありません。

18時からクローズの時間までが貞子のアトラクションを体験できる時間です。

18時からの開催ですが、18時前から貞子の列に並ぶことが可能。

18時ぴったりに貞子を体験したい方は18時より前に列に並ぶ必要があります。

私は平日の17時から列に並びましたが、その時点ですでに30人以上のゲストが並んでしました。

貞子はホラーレベル3であるため、未就学児は体験できません。

ですが、小学生は大人が同伴者として付き添えば体験することができます。

安全上小さな子どもも、ひとりひとり椅子に座っての体験になることに注意しましょう。

大人数の中でのホラー体験といっても、暗闇や音響、大量のスモークで恐怖が演出されているので、小学生のお子さまには刺激が強いシーンもあります。

実は、座った座席でも、ホラーレベルが多少異なります。

特に怖い座席は、前方・ホール両端の座席・後方ブロックの一列目などです。

より一層、恐怖体験をしたい方には、特に怖い席を狙うことをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

貞子に呪われたターミネーターは、毎年開催されているUSJの人気ハロウィンアトラクションの1つです。

USJホラーナイトで、毎年人気であるのもうなづけます。

ホラーレベル3であるので、小学生のお子さまも大人同伴であれば少し刺激的なUSJのホラーを楽しむことができますよ。

ハロウィン期間中、USJのタイムスケジュールを組むときは、貞子は18時から開園であることをしっかりと念頭に置いておきましょう。

貞子の怖さは、会場に響き渡る悲鳴にもあります。

隣の人が悲鳴をあげていると、恐怖が伝染したかのように怖くなることも。

ジャパニーズホラーで、他にはないUSJだけのハロウィンを味わってみるのもいいですね。



いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。