USJの戦国・ザ・リアル at 大坂城とは?みどころ・場所・期間・チケットについて

戦国ザリアル

大阪城といえば、名称・真田幸村の最後の戦、「大阪の陣」が繰り広げられた大阪の歴史遺産ですが、なんとユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以後「USJ」)が大阪城でその大阪の陣をモチーフとしたショーを公演しているのです。

その名も「戦国・ザ・リアル at 大坂城」!

2016年12月16日~2017年3月12日まで期間、計56日間にわたって公演がありますが、歴史的遺産と世界でも名高いUSJのショーの強力タッグは是非一度は観てみたいもの。

次項からは、そんなショーのみどころをご紹介していきます。

戦国・ザ・リアルとはー圧倒的エンターテイメントー

かつて天下を二分したといわれる世紀の合戦が「大阪の陣」。

豊臣勢と徳川勢の覇権争いの戦いの中で、戦国最後の名将といわれた真田幸村がどのように戦い、どのように生きたのかを、なんと大阪城を背後に構えた全長40mにも及ぶステージと、プロジェクションマッピングで一瞬のうちに、城内から真田丸へと鮮やかに姿を変える演出で、楽しむことができます。

ショーでは豊臣軍と徳川軍の巧妙な心理戦を迫力の生歌で表現されていて、臨場感は抜群。

真田幸村や徳川家康をはじめ演者たちの動きもダイナミックで殺陣も迫力満点。

息を飲むような演出の間には城下町の女性たちが繰り広げる美しい舞など見所はたくさんです。

舞台へつながる花道も効果的に使われるので、座る席によっては間近で演者たちの息づかいを体感できるとかも。

また、USJならではの光と音の演出により彩られる舞台は息を飲む暇も無いかもしれません。

特にクライマックスに打ち上げられる鮮やかなパイロ(垂直に打ち上がる花火)は大興奮間違いなしです。

スポンサーリンク

ショーの開演時間と所要時間

ショーは日程に寄って開演時間が異なります。

  • 2016年12月16日~2017年1月15日 1回目:17:30/2回目:19:15
  • 2017年1月16日~2017年2月12日 1回目:18:00/2回目:19:45
  • 2017年2月13日~2017年3月12日 1回目:18:30/2回目:20:15

所要時間はおよそ30分間です。

開園時間が少しずつ遅くなっているのは、プレジェクションマッピングの都合で日暮れを待ってからでないとスタートできないためでしょう。

撮影は基本NGだが、撮影タイムは用意されている

上映中は基本的に動画も写真も撮影は禁止されています。

でもクライマックスが近づいて花火が上がった後は撮影OKとなります。ただしフラッシュは禁止です。

時間にしておよそ5分程度。

撮影したい人はカメラと心の準備を整えておきましょう。

クライマックスの花火はぜひカメラにおさめておきたいですよね。

ショー以外の見どころも!楽市楽座エリアで楽しむオリジナルフード

楽市

楽市楽座といえば、織田信長の時代に始まり、豊臣秀頼などが行った経済政策です。

この政策のもと、城下町の商人たちは活発に商いをしたといいますが、なんと戦国・ザ・リアルでもこのエリアが再現されています。

このエリアでは信州名物から大阪名物まで、古き良き文化に浸りながら楽しむことができます。

とくに鍋や汁物など温かいものがたくさん用意されているので、寒い冬にはより一層楽しめることでしょう。

開演中は寒い時期でもありますが、プロジェクションマッピングの関係もありショーは日が暮れてからの開催ですのでグッと冷え込むことも予想されます。

熱燗やおでんなんかも売っていますので、体を中から温めておくのもいいですよね。

もちろん防寒対策は万全にしておいてください。

なお、このエリアにはショーチケットを持っていれば入ることができるので、ぜひショーを見たあとはこちらのエリアにも足を運んでみましょう。

戦国テイストのおみやげやグッズも販売中

楽市楽座の一番左側にはグッズショップがあり、戦国にちなんだフードやグッズが多数販売されています。

お菓子から衣類までいろいろ揃っていますので、おみやげにもいいでしょう。

あらためて写真をみると、USJパーク内にあるスパイダーマンのグッズショップに来ているような錯覚に陥りますね(笑)

場所はUSJでないので注意!ショーの鑑賞には別途チケットが必要!

大阪城

いくつか注意点もあります。

まず一つ目は「会場がUSJではない」ということです。

会場の場所は「大阪城 西の丸庭園」となりますので注意しましょう。

下の写真が入り口になり、この先に楽市楽座やライブ・ショー会場があります。

また、2つ目は別途チケットが必要です。

ただ、一般的な劇などのように高い値段ではなく、SSシートで3300円、Aシートでは2300円~とリーズナブルなお値段となっているので、ぜひUSJに行くときにはスケジュールを調整して合わせて楽しみたいところですね。

なお、パーク入場券付のチケットも用意されており、1日目に戦国・THE・REALを楽しんで、2日目にパークを1日中楽しむという楽しみ方ができるので、時間を気にすることなく存分に楽しむことができる内容になっています。

席に余裕があれば当日券の販売をしています。

チケットブースで確認してみましょう。

スポンサーリンク

さいごに

日本を代表する歴史遺産と世界的なエンターテイメントを提供するUSJのコラボレーションで繰り広げられる舞台、その演出は未だ見たことの無い臨場感と迫力です。

USJパーク内では味わえない大阪城ならではの雰囲気が戦国時代にタイムスリップしているかのような気分にさせてくれるに違いありません。

楽市楽座では代金は「◯◯両です」と言われたり、帰り際にはスタッフたちから「お達者で~」と声をかけられる等、なかなか徹底した世界観を味わせてくれます。

公演期間は限られていますので、機会があれば是非一度、足を運んでみてください。

以上、USJの「戦国・ザ・リアル at 大坂城」の特徴をはじめ、公演期間、場所、チケット等についてお伝えしました。

追記:年間パス保有者は特別価格で当日券が買える!

2017年3月3日~3月12日まで年間パスを持っている人とその同伴者(この人は年パス持っていなくても大丈夫)は残席があれば当日券が2000円の特別価格で買うことができます。

SS席なら当日券で約4000円ほどするので約半額になるチャンス。

まだ鑑賞してない人は最後のチャンスですので検討してみてはいかがでしょうか?



戦国ザリアル

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。