ラジェントホテル大阪ベイの朝食バイキングはレストラン「ドビー」にて。気になるメニューや種類は?

ラジェントホテル大阪ベイの朝食バイキング

USJに遊びに行くのにすぐ近くの「ラジェントホテル大阪ベイ」に泊まる予定ですか?

このホテルはUSJオフィシャルホテルではありませんが、オフィシャルホテルよりは安く泊まれるので予算を少しでも抑えたい人にはおすすめです。

私も先日、このホテルに泊まってきたので朝食バイキングのようすをレポートしたいと思います。

朝食会場はホテル1Fのレストラン「DOBY(ドビー)」です。

どのような朝食メニューか気になる人の参考になればと思います。

ラジェントホテル大阪ベイの朝食バイキング、その料金と営業時間は?

ラジェントホテル大阪ベイの朝食バイキング

私は今回、朝食付きプランで宿泊しました。

でも素泊まりの人で朝食をとりたい人は、別途この朝食バイキングのための費用が発生します。

といっても、USJのオフィシャルホテルの朝食バイキングよりは安いです。

以下、朝食料金です。

  • 前売り:1,000円(税別)
  • 当日:1,200円(税別)

朝食の営業時間は次のとおりです。

  • 6:30~9:30(L.O.8:30)

ラストオーダーは結構早いようですね。

この点はUSJオフィシャルホテルのほうがゆったりできそうです。

なお、ホテルチェックイン時に、朝食会場への入店時間の選択をお願いされました。

ふたつから選びましたが、希望をいうとその入店時間の書かれた朝食券を渡されました。

朝食券

もうひとつの入店指定時間(7:30~8:15)はこの時間帯よりも早かったと思います。

そして、遅い時間帯つまり私が選んだ時間帯のほうが「混雑しやすい」と言われました。

でも実際はというと、混雑の影響はほとんどありませんでした。

この日が平日だったというのもあると思います。

でもこれが週末や大型連休等の場合は、かなり影響ありそうです。

この時間帯はちょうど朝ごはんを食べてUSJへ向かう人たちがたくさんいるはずですからね。

ちなみにこの日、私がこのレストランに入ったのは朝7時40分くらい。

ガラガラというわけではありませんが、混雑しているとも感じない程度でした。

ドビーの店内

朝8時過ぎたころには、食事を終えて出ていかれる人も多く、一気に空席が増えたというかんじでした。

平日のドビーの店内

まあ8時半にはラストオーダーだから仕方ありませんよね。

それに少しでも早くUSJに入ってたっぷり遊びたいという人も多いのだと思います。

スポンサーリンク

ラジェントホテル大阪ベイの朝食メニューとは?

それでは、この朝食バイキングで提供されているメニューについて紹介します。

店内に入るとすぐ右側がバイキングコーナーとなってます。

いきなり登場するのはサラダ類。

サラダ

朝からしっかり野菜をとっておきたいですよね。

ポテトサラダや海藻類も。

ドレッシングは3種類から選べます。

サラダとドレッシング

切り干し大根もありました。

ひじき、焼き魚、だし巻き、納豆と健康的なメニューがつづきます。

ひじき、焼き魚、だし巻き、納豆

ソーセージ、里芋の煮っころがし、若鶏の鬼おろし、筑前煮とバランスの良いおかずもそろってます。

ソーセージ、里芋の煮っころがし、若鶏の鬼おろし、筑前煮

鶏唐揚げ、イカフライ、たこ焼きと、少しヘビーな料理にうつってきました。

揚げ物、鶏唐揚げ、イカフライ、たこ焼き

うどんもうれしいですよね。

うどん

大阪らしく「肉吸い」もありました。

肉吸い

 

これは難波千日前にあるうどん店の「千とせ」が発祥といわれてます。

ごはんと味噌汁です。漬物や梅干しも。

ごはんと味噌汁

ごはんはおいしく炊けてました。

お米もふっくら

トマトカレーもしっかり煮込まれていてよかったです。

トマトカレー

胃腸の調子が万全じゃない人にはお粥がいいかもしれませんね。

おかゆ

ごはんだけじゃなく、パンも充実してました。

パンコーナーも充実

トースターで温めてからいただきましょう。

そのトースターの右にはハンバーグがありました。

ハンバーグ

醤油、ソース、粉チーズ、ケチャップ等の調味料類がまとめておいてありました。

調味料

そして、デザート。

レアチーズケーキ、コーヒーゼリー、フルーツカクテルです。

デザート

ドリンクバーも、もちろんありました。

ドリンクバー

食後はコーヒーでほっとしたいですよね。

その他の特徴

朝食バイキングで気づいたその他の点をご紹介します。

提供メニューには、気になる7大アレルギーがイラストにて表記されています。

アレルギーとは、玉子、乳、落花生、そば、小麦、かに、えびの7つです。

7大アレルギー表記

こういう表記はありがたいですよね。

子ども用のいすもしっかりと用意されていました。

子ども用の椅子

お店に入るすぐ手前にお盆やお皿が置いてありますので忘れないように取りましょう。

お盆と子ども用の食器

子ども用のトレーやコップ、ストロー等も準備されています。

店内入ってすぐのところに、おはし、スプーンフォーク、おしぼり等がまとめて置かれていますので、これも忘れずに取りましょう。

はし、スプーン、フォーク等

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、ラジェントホテル大阪ベイの朝食バイキングについてお伝えしました。

バランスのよいメニューで、味のほうも普通においしかったです。

この内容で、前売り価格1,000円なら十分に満足できるはず。

当日払いなら1,200円になりますので、チェックイン時に忘れずに購入しておきたいところです。

USJオフィシャルホテルの朝食バイキングに比べると見劣りするかもしれませんが、十分満足できる種類とボリュームだと思います。

ラジェントホテル大阪ベイに泊まることがあれば、この朝食を楽しみにしてくださいね。



ラジェントホテル大阪ベイの朝食バイキング

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。