【USJバイオハザードザエクストリーム】実際に体験した感想、整理券、チケット、開催場所等まとめ

USJのバイオハザードザエクストリームは、2019年9月7日(土)から11月4日(月)のハロウィン期間限定の開催です。

人気シリーズ「バイオハザードRE:2」の世界がUSJで、超・リアルに体験できます。

本物としか思えないゾンビやクリーチャーに銃口を向けるのはゲスト自身!

バイオハザードを実際に体験した感想やレオンルートとクレアルートの違いなど詳しくご紹介しましょう!

USJバイオハザードザエクストリームを実際に体験した感想

昨年、大人気だった「バイオハザード」が最新作「バイオハザードRE:2」に生まれ変わって登場!

今年のバイオハザードは「ゲスト自身」が世界を救うために銃を持って戦います。

バイオハザードの世界へ行く前に「クレアルート」「レオンルート」どちらのルートの体験かは決まっていました。

待ち列では、レオンとクレアがゾンビと戦っている映像が流れます。

最初の扉へ行くまでは、薄暗い階段を登らなければなりません。

バイオハザードの世界に入っていないにも関わらず暗くて無機質な階段は恐怖を増長させます。

たまに聞こえるゲストの「キャー」という声にも、思わず身体が強張ってしまいました。

階段を登りきると、クルーによって8人ほどのグループに分けられます。

バイオハザードの世界は、分けられたグループで体験。

クルーの合図で扉が開くと、いよいよバイオハザードスタートです!

ホラー・メイズのため、乗り物ではなく歩いて体験します。

薄暗く殺伐とした風景の中、突如迫ってくるゾンビは、まさに本物!

USJのパーク内を歩く「ストリートゾンビ」と比べ物にならないほど恐怖を覚えます。

ゾンビだけではなく、ゾンビより凶暴なクリーチャーも追いかけてきますよ!

特に怖いポジションは1番後ろ。

後ろから追いかけてくるゾンビやクリーチャーと最も接近しますよ。

途中、クレアやレオンが「タイラント」という恐ろしい生命体兵器から守ってくれます。

クレアもレオンもかっこよく、頼もしかったです。

終盤では、いよいよゲスト自身が銃を持って戦うことに!

重量のある銃を持ち、画面の中にいる敵を撃ちまくりますよ!

シューティングゲームのような感覚でした。

撃ちまくっていると、大量のスチームが放出!

スチームが消えると、なんと、画面の中にいた敵が目の前に実態となって現れました。

敵が目の前にくると、クルーに促され、最後の部屋へ。

最後の部屋では、敵を倒しきることができなかったので脱出できず終わってしまいました。

クルーの「おつかれさまです。コチラへどうぞ!」という声が終了の合図ですよ。

最後、上手く銃を使用して敵を倒せばハッピーエンドがあるのかは不明。

昨年と最も異なる点は「敵を撃つシーン」。

「自分自身が敵を撃つ」感覚は、緊張感がありとても興奮しました!

仲間とともにバイオハザードの世界を戦ってる気持ちにもなりましたよ!

レオンルートとクレアルートの違いは終盤!

クレアルートとレオンルートは、公式サイトによると「クリーチャー」や「脅威」が異なると記載されています。

私はクレアルートを1回、レオンルートを2回体験しました。

正直、クレアルートもレオンルートもクリーチャーやゾンビなどの脅威に差はないように思えます。

ルートの中で最も異なる点は「タイラント」を倒す人です。

クレアルートはクレアが、レオンルートはレオンがタイラントを倒してくれますよ。

クレアとレオンは、ゲームから飛び出てきたようなリアルさ!

銃の構え方や、動き、スタイルや顔、細かな部分まで本物のクレアやレオンでした。

スポンサーリンク

バイオハザードザエクストリーム整理券の取得方法は2種類

バイオハザードを体験するためには整理券が必要。

整理券は「e整理券」と「ステージ18で発券の整理券」の2種類あります。

e整理券は、USJが最近はじめたサービスです。

まず、USJ公式アプリにゲスト全員分のチケットのQRコードを読み取ります。

パーク内でバイオハザードの体験時間を選択すれば、整理券のQRコードが表示されますよ!

歩き回る必要もなく、他アトラクションに並びながら、椅子に座りながら、整理券の発券ができるのは便利ですね!

もちろん、今まで通りステージ18へ直接行って整理券の発券も可能。

ステージ18は、パーク入口から4Dシネマ手前を左折し直進すれば到着しますよ!

整理券が不要で体験できる場合もある

バイオハザードの体験には、基本的に整理券が必要です。

ですが、稀に整理券がなくても体験受付をしてますよ。

整理券の案内が終わるパーク閉園間近を狙いましょう。

私は、20時前後にバイオハザードの体験場所へ行くと40分待てば体験できたことがあります。

バイオハザードは10時からパーククローズまで運営しているので、整理券が取れなくても体験するチャンスがあるかもしれません!

ただ、パーク閉園間近になれば必ず体験可能になるわけではありません。

必ず体験したい場合は、やはり、整理券かエクスプレス・パスの取得しましょう。

バイオハザードが体験できるエクスプレス・パス(待ち時間短縮チケット)まとめ

バイオハザードには、基本的に「整理券」か「エクスプレス・パス」が必要。

エクスプレス・パスの価格は、日にちごとの変動制です。

バイオハザードの体験が確約されているエクスプレス・パスをまとめました。

価格は全て税込みです。

・ハロウィーン・ホラー・ナイト・エクスプレス・パス~大人&スリル~
価格3,900円から8,800円

・ハロウィーン・ホラー・ナイト・エクスプレス・パス~新体験~
価格3,900円から8,800円

・ハロウィーン・ホラーナイトR.I.P.ツアー
価格30,000円から35,000円

バイオハザード単体でのエクスプレス・パスはありません。

上記のエクスプレス・パスを利用してバイオハザードを体験しましょう。

整理券の場合は、約20分の待ち時間があります。

エクスプレス・パスを利用すれば、整理券の待ち列よりも優先して体験が可能!

当日、急いでパークへ行き、整理券を取得する手間も必要ありません。

エクスプレス・パスは、価格がある程度かかる分、価格に見合った体験ができ、ゆっくりとパークを楽しめます。

バイオハザードの体験場所はココ!

バイオハザードの体験場所は「パレスシアター」です。

パレスシシアターはスパイダーマン横にあります。

パークの入口からアーケードをまっすぐ進み、グラマシーパーク(芝生の広場)方面へ。

グラマシーパークまで来ると、スパイダーマンのアトラクションが見えます。

スパイダーマンのアトラクションは、スパイダーマンの大きな看板があるのですぐにわかるでしょう。

スパイダーマンの左隣、スパイダーマンよりラグーン(池)側の建物がパレスシアターです。

バイオハザードの看板やポスターがあり、クルーも常駐しているのですぐわかるでしょう。

パーク入口から約8分で到着します。

体験する際の注意点!事前に傘は預けよう

バイオハザードのホラーレベルは「5」。

小学生以下は、大人同伴でも体験できません。

所要時間は10分程度です。

ホラー・メイズで体験時間10分は、長く感じるゲストも多いでしょう。

グロテスクな演出も多いため、体験中、気分が悪くなったらすぐに近くのクルーへ伝えてください。

銃を利用するため、両手を使います。

両手がふさがるほどの手荷物は、あらかじめコインロッカーや体験者以外の友人・家族・恋人に預けましょう。

アトラクション内にはコインロッカーがありませんが、傘は預かってくれます。

傘は、アトラクション開始直前にクルーへ預けましょう。

バイオハザードは、基本的に整理券が必要なアトラクション。

必ず体験したい方は、整理券かエクスプレス・パスをゲットしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

バイオハザード・ザ・エクストリームは、クレアとレオンと一緒にゲスト自身も世界を救います。

「バイオハザード」のゾンビはストリートゾンビの比じゃないので心して挑んだ方が良いですよ。

基本的に整理券かエクスプレス・パスが必要なため、事前にゲットしましょう!

ゲームや映画の世界を体感できる「バイオハザード・ザ・エクストリーム」では、クレアやレオンの相棒になったかのような錯覚を起こすほどリアル体験ができます!

以上、USJの「バイオハザードザエクストリーム」の紹介でした。



いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください