ワーフカフェはコーヒー、アルコール、ホットドッグ等を販売しているスナックスタンド

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)でちょっと一息つきたい時に寄りたいカフェ「ワーフカフェ」の紹介です。

USJのサンフランシスコエリアにある小さなカウンターのみのお店です。

アトラクション「バックドラフト」のちょうど向かい側あたりに位置します。

それでは、この記事ではワーフカフェの特徴やおすすめメニュー等についてかんたんにご紹介したいと思います。

サンフランシスコの雰囲気が味わえるワーフカフェってどんなところ?

サンフランシスコのスナック・スタンドをイメージした軽食カフェ「ワーフカフェ」は、日本人だけでなく外国人にも人気なスポットと知られています。

飲み物が中心のカフェであり、ノンアルコールから生ビールまで揃えています。

もちろん、ソフトドリンクを始めとしたジュースもあるので未成年者でも気軽に立ち寄ることができます。

アトラクションを回って一息つきたいときに最適なお店ですが、クローズしている日が多いという難点もあります。

平日は休みが多く、休日も閉まっていることがあるので、事前に公式サイトでオープン時間を確認しておくと良いでしょう。

お店の隣にはテラス席もありますので、のんびり過ごすのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ワーフカフェのおすすめメニューって?

前項ではアルコールとジュースについて触れていましたが、ワーフカフェにはホットコーヒーやカフェラテといったカフェや軽食なども取り揃えてあります。

こちらでは、ワーフカフェの人気商品についてご紹介していますが、季節によって販売している商品が変わる場合があります。

インターネットの公式サイトで気軽にメニューを確認できますので、立ち寄る際には一度下調べをした方がいいでしょう。

エルモ・デザートドリンク ~ホットコーヒー~(550円)

クッキーモンスターのエルモが描かれたソフトクリームが乗っているコーヒーです。

クリームが染み込んだコーヒーはとても甘く仕上がっているので、小さな子供でも美味しく味わうことができます。

価格は少し高めの550円ですが、エルモのホットコーヒーがとても可愛いので一見の価値は十分にあります。

アメリカン・ホットドック(550円)

こちらは普通のアメリカン・ホットドックになります。そこそこのサイズなので、小腹が空いたときに軽く食べるには十分なボリュームだと思います。

ホットチョコレート・カフェラテ・カプチーノ(410円)

寒い日にオススメできる人気の飲み物です。

上記の通り、他にもアルコールやソフトドリンクといった飲み物が多く揃えてあります。

スポンサーリンク

まとめ

メニューは様々な飲み物を揃えている一方で、ホットドックやクラムチャウダーといった軽食も販売しています。

夏にはかき氷などもメニューに登場します。

人気なお店ではあるのですが、ワーフカフェは営業している日にちや時間にムラがあるので、USJのサイトをブックマークしておくと便利です。



いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。