【ユニバーサルシティ駅のコインロッカー】場所、料金、大きさ(サイズ)について

ユニバーサルシティ駅のコインロッカーの場所、料金、大きさ、サイズ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)へ電車で行く時は、必ず最寄り駅である「ユニバーサルシティ駅」を使うことになります。

遠方から来た人、USJ以外の大阪観光をしてきた人、宿泊込みの旅行をしている人、そういう人たちは荷物も多くそして大きくなりがちです。

でもその荷物をUSJのパークまで持っていくの大変じゃないでしょうか?

帰りもこのユニバーサルシティ駅から電車に乗る予定なら、この駅のコインロッカーにパークでは使わない荷物を置いておきたいですよね。

USJパーク近くやパーク内にも、もちろんコインロッカーはあります。

でもここで荷物を手放せるなら、パークまでの道のりもラクチンです。

というわけで、この記事ではユニバーサルシティ駅のコインロッカーについての情報をまとめておきたいと思います。

コインロッカーの場所や料金、大きさ等についてくわしく説明します。

ユニバーサルシティ駅のコインロッカーの場所

ユニバーサルシティ駅のコインロッカーは2箇所あります。

ユニバーサルシティ駅のコインロッカーの場所

駅の改札口を出て左側に行き屋外に出る直前の左右両側に位置します。

まずは改札口を出てください。

ユニバーサルシティ駅の改札口

そして左側、USJにある方向に歩いていくとすぐ両側にコインロッカーがあります。

▼これが左側にあるロッカーです

ユニバーサルシティ駅のコインロッカー左側 左側のコインロッカー

▼そしてこちらが右側のコインロッカーです

ユニバーサルシティ駅のコインロッカー右側

右側のコインロッカーには両替機が併設されてます。

右側のコインロッカー

いずれのコインロッカーもすぐ分かる場所にあるので、迷うことはないはずです。

スポンサーリンク

ユニバーサルシティ駅のコインロッカーの料金と大きさ

コインロッカーの料金体系は左側も右側もまったく同じです。

でも当然ながら、コインロッカーの大きさ(サイズ)によって料金は異なります。

コインロッカーの大きさと料金

小型、中型、大型という3種類の大きさにわかれます。

それぞれの料金と大きさは次のようになっています。

  • 小型:300円(257×355×575mm)
  • 中型:500円(550×355×575mm)
  • 大型:700円(1100×355×575mm)

※サイズは高さ×幅×奥行き

なお、中型はキャリケース、大型はスーツケースが入れることが可能です。

コインロッカーの支払い方法と使い方

コインロッカーは現金と交通系ICカードで支払いが可能です。

通常の現金で支払うタイプ

カギがついてるのが通常の現金で支払ってロックするタイプですね。

通常の現金支払いのコインロッカー

ロッカーの使い方は、次の通り。

  1. あいているロッカーへ荷物を入れる
  2. 扉を閉じてお金を入れる
  3. 扉をおさえカギを左にまわして抜く

※基本料金超過時に荷物を取り出す場合は超過分のお金が必要となります。

ロッカーの使い方

交通系ICカードで支払うタイプ

そして、もうひとつの支払い方法が交通系ICカードです。

交通系ICカードで支払うコインロッカー

こちらは現金がいらないので小銭を用意する必要がなく便利ですよね。

使えるカードは次の通り。

  • ICOCA
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • tolca
  • manaca
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

このロッカーの使い方は以下のとおり。

  1. あいているロッカーに荷物を入れる
  2. レバーを下げる
  3. 画面の操作にしたがってICでカードで支払いをする
  4. 利用証明書を受け取る
ICカード専用のコインロッカー

荷物を取り出す時には、預入時に使用したのと同じカードが必要なので注意してください。

そして、利用証明書をなくさないようにしましょう。

ロッカーを使う上での注意点

コインロッカーは利用時間や利用最大期間など条件がいろいろありますので、あらかじめチェックしておきましょう。

▼「貸コインロッカーのご案内」にくわしく書かれています

コインロッカーの利用案内

コインロッカーの利用時間

ユニバーサルシティ駅の始発時間から終電時間までとありますが、平日も土曜・休日も始発は午前5時9分、終電は午前0時24分(24時24分)です。

ですので、この時間外はシャッターが締まり、ロッカーが使えなくなります。注意しましょう。

またロッカーに関する対応は駅ではしてもらえません。

トラブルがあった場合は、関西ステーションサービス株式会社に連絡する必要があります。

コインロッカーの利用日数

コインロッカーが使えるのは開始日を含めて最大3日となっています。

4日以上経過した荷物は取り出されてほかの場所に移されます。

そして30日間経過した荷物は処分されることになります。

当然、それまでに引き取りにくることができたとしても利用日数分の料金は徴収されます。

ロッカーのカギをなくさないように

カギをなくすと鍵交換費用として2500円がかかります。

また荷物を受け取るには身分証明書を提示しなくてはいけません。

駅の手荷物預かり所はなくなっている

以前はこの駅に手荷物預かり所がありましたが、いまはなくなっていますのでご注意ください。

USJの年間パスのない人は途中で戻ってこれない

USJの年間パスを持ってる人は出入りが自由ですので、どうしても途中でロッカーに入れた荷物が必要になった場合、ここに戻ってくることができます(再度、荷物を預け入れるのにお金はいります)。

でも、年間パスを持っていない人は途中でパークを出てしまうと、再度パークに入場することができません(入場パスをもう一度買えば可能ですが、現実的ではありません)。

ですので、ロッカーに預け入れる荷物の中身はよく確認しておきましょう。

混雑期はロッカーが空いてないことも想定しておく

平日はわりと空きがあるようですが、イベントのある混雑期、土日祝日や学校の休みがある時は空きが少ないことが予想されます。

その時はユニバーサルシティウォーク内にあるコインロッカーやUSJパークの外や中にあるコインロッカーを利用しましょう。

またUSJのオフィシャルホテルに宿泊される予定であれば、ホテルのフロントで預かってもらったり、ホテルのコインロッカーを利用するという方法もあります。

早めにチェックインできるなら部屋に荷物を置いてくることだって可能かもしれません。

そうそう、混雑期はコインロッカーがすぐいっぱいになるためか、この駅のロッカーには「コインロッカーはユニバーサル・スタジオ・ジャパンにもございます」という張り紙がありました。

コインロッカーはユニバーサル・スタジオ・ジャパンにもあります

※パーク内のATMの近くにはコインロッカーはなかったと思うのですが…。

近隣の駅のコインロッカー情報

ユニバーサルシティ駅と同じJRゆめ咲線(桜島線)の駅にはコインロッカーはあるのでしょうか?

その情報についてこちらでまとめておきます。

  • 西九条駅:コインロッカーあり(改札外)※写真
  • 安治川口駅:コインロッカーなし
  • 桜島駅:コインロッカーあり(改札内)
JR桜島駅のコインロッカー

JR桜島駅のコインロッカー

パークで遊んだ後、西九条駅まで戻って改札口を一旦出るスケジュールであれば、西九条駅のロッカーに荷物を入れておくこともありです。

スポンサーリンク

さいごに

USJで思う存分遊びたいのに、荷物がたくさんあるとテンション下がりますよね。

できるだけ早く身軽になりたいものです。

休日の混雑期であればなるべく早目に到着したほうがいいかもしれません。

以上、ユニバーサルシティ駅のコインロッカーについての情報をお伝えしました。

この情報が参考になればうれしいです。

USJパーク内やパーク外のコインロッカー情報のまとめ記事もご覧くださいね。

【USJのコインロッカー情報まとめ】マップで見るパーク外や駅のロッカー場所、料金、サイズ、空き状況等

2017.05.20



ユニバーサルシティ駅のコインロッカーの場所、料金、大きさ、サイズ

いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。