【USJ イーストミーツウエストカルテット】ヴァイオリントリオがリニューアル!老若男女が虜になるプロの四重奏

USJで大人気の路上ショー「ヴァイオリントリオ」が2019年にリニューアルしました!

ヴァイオリントリオとは、プロのヴァイオリニスト3人が三重奏を披露するショー。

ただ、演奏するだけではなくアクロバティックで華麗なパフォーマンスも見どころでした。

ヴァイオリントリオがリニューアル後、どのように変化したのか、実際に聴いた感想、開催場所など詳しくご紹介しましょう。

大人気「ヴァイオリントリオ」がリニューアル!実際に聴いた感想

ヴァイオリントリオは、リニューアル後「イーストミーツウエストカルテット」にショーの名前を変更しました。

「カルテット」と入っているため、四重奏、ヴァイオリニストが1人増えたのかと思いきや。

ヴァイオリニスト3人と一緒にステージへ立ったのは、なんと「三味線奏者」でした!

「ヴァイオリントリオ」のショーは、ヴァイオリニスト3人と三味線奏者1人の「カルテット」へパワーアップ。

ショーが始まると、華麗なヴァイオリニストと三味線奏者のカルテットがUSJに響き渡ります。

イケメン4人の演奏とパフォーマンスは圧巻。

体を大きく左右に揺らしたり、観客の目の前まで来ておどけて見せたりと、一瞬も目が離せません。

ショーの途中では、2名の観客をステージへ連れて行く演出もありました。

ステージへ連れられた観客は、間近の距離で生パフォーマンスを堪能できます!

ステージへ連れられなくても、手拍子やジャンプ、足踏みでショーに参加して楽しむことができますよ。

ソロ演奏タイムは、1人ひとりの個性が光る時間です。応援する「推し演奏者」を決めて聴くのも楽しいでしょう。

スポンサーリンク

トリオからカルテットへ!大きく変更した点

「ヴァイオリントリオ」はリニューアル後、大きく変更した点が2点あります。

1点目は「三味線奏者」が加わったこと。

三味線奏者が加わったことにより、迫力、音の重み、パフォーマンス時の動きのダイナミックさ、全てにおいてレベルアップしています。

どちらかというと三味線をメインとする楽曲が多いようにも感じました。

三味線の生演奏をなかなか気軽に聞く機会がなくても、USJへ行けばいつでも聞けますね。嬉しいリニューアルです。

2点目の変更点は「ステージへ招かれた観客への対応」です。

手拍子や足踏み、ジャンプでショーへ参加できる参加型ショーであることに変化はありません。

ですが、ステージ上で観客がメインになることはなくなりました。

ヴァイオリントリオだったころは、ステージ上の観客へ、ヴァイオリニストは1人ひとり演奏を繰り広げ、求愛しているようでした。

手を取って、ベンチへ座らせるといったパフォーマンスも。まるで恋愛ドラマのワンシーンのように。

そのため、観客がステージ上でメインになる時間が多かったといえます。

リニューアル後、ステージ上の観客は、手拍子・ジャンプをヴァイオリニストと三味線奏者とおこなうだけにとどまっています。

ステージに招かれた観客への対応は以前と大幅に変更したといえるでしょう。

観客がステージ上にあがる時間自体、少なくなったといえます。

観客をステージにあげる時間を短縮させて、カルテットとして迫力ある演奏する時間をたっぷりととっていました。

イーストミーツウエストカルテットの観覧オススメエリア

イーストミーツウエストカルテットの観覧エリアには、「着席」と「立見席」の2つのエリアが存在します。

ステージを囲むよう、半円の形で観覧エリアがあります。

前からだいたい4列目までが着席エリア。

着席エリアには、イーストミーツウエストカルテットのマークが並べられており、マークより内側が着席エリア、外側が立見席エリアです。

着席エリアは、平日でも1時間前から埋まっていくため、着席エリアをご希望の方は早めの座席確保をオススメします。

私の最もオススメ観覧エリアは、正面立見席の1列目。

立見席の1列目は、写真がかなり撮りやすくオススメです。

立見席1列目は、平日ならショー開始30分前、休日45分前には確保が必要です。

立見席の2列目もオススメ。観客の隙間からになりますが、なかなかに綺麗な写真を撮ることができますよ。

平日ならショー開始15分前、休日でも30分前に席の確保が可能でしょう。

ステージ上に招かれたいなら、立見席2列目以内、または着席エリアを確保しておくといいでしょう。

どこのエリアが選ばれるかは、断定できませんが、4、5回見た中では正面立見席2列目までか着席エリアがオススメです。

私が見た全公演で、正面の立見席2列目までにいた方・着席エリアにいた方がステージ上へ招かれていました。

イーストミーツウエストカルテットの開催場所・開催時間

イーストミーツウエストカルテットは、リニューアル前の「ヴァイオリントリオ」と開催場所が同じです。

アトラクション「スパイダーマン」を通り抜けスパイダーマンと記念撮影がおこなえる場所付近。

開催時間は、11時20分・12時40分・14時45分・16時15分・17時35分(2019年5月現在)。

開催時間は、日によって変更になるため、当日パークで確認するか公式サイトで確認することをオススメします。

雨天によっては中止になる場合も。

雨天決行か中止かは、キャストに聞くと教えてくれますよ。

マップで確認するイーストミーツウエストカルテットの開催場所

マップで確認するイーストミーツウエストカルテットの開催場所
スマホやタブレット等ではピンチアウトすることでより精細なマップを見ることができます。PCの場合はクリックすると拡大マップデータが表示されます。

スポンサーリンク

まとめ

リニューアル後のイーストミーツウエストカルテットは、奏者が増えパフォーマンス・演奏ともにさらに世界最高峰のものとなりました。

ヴァイオリントリオもイケメンでしたが、三味線奏者も負けず劣らずイケメン!

プロの演奏を耳で楽しみながら目では、イケメンの華麗なパフォーマンスを楽しめます。

USJでしか味わえないカルテット、唯一無二のショー、それがイーストミーツウエストカルテットです!



いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください