信貴生駒スカイラインまとめ!実際に景色を見た感想!夜景の写真や通行料金や道のり等の詳細

信貴生駒スカイラインからの景色

信貴生駒スカイラインは夜景スポットとして関西で人気のドライブウェイです。

有料道路のため、景色や遊園地等を楽しむ際には料金を支払う必要があります。

アクセス方法もいくつかあるため、あらかじめ確認してから向かった方が良いでしょう。

それでは、さっそく信貴生駒スカイラインの料金、アクセス、周辺スポット等の詳細をご紹介します!

【信貴生駒スカイライン】詳細

信貴生駒スカイラインの看板

信貴生駒スカイラインは大阪府と奈良県からなるドライブウェイです。

関西有数の夜景スポットでありながら、遊園地やお寺もあるため昼夜問わず人気の場所です。

信貴生駒スカイラインは有料道路のため、絶景を見たい方は料金を払う必要があります。

街中からそこまで離れた場所ではため、ドライブとして最適です。

景色が見えるスポットはいくつかあるため、お気に入りを探しても楽しいでしょう。

スポンサーリンク

【信貴生駒スカイライン】料金

信貴生駒スカイラインの料金表

今回、私は信貴山から向かいました。

信貴山からの料金はこちらです。

行き先 区分 普通車 マイクロバス 大型バス 大型貨物
宝山寺方面 片道 370 890 1,470 1,470
生駒山上方面 往復 740 1,780 2,940 2,940
信貴山方面 片道 1,360 3,410 5,450 5,450
信貴山方面 往復 1,950 4,970 8,010 8,010
フリーパス 3,120 7,950 12,820 12,820

信貴山以外からも、 阪奈道路から山上口I.C.(登山口)、宝山寺からの道のりがあります。

公式サイトから料金を確認しましょう。

信貴生駒スカイラインの出入り口と通行券

料金所では片道か往復か聞かれます。

「目的は何ですか」と聞かれるため、景色を見たいことや夜景を見たいこと、帰り道の都道府県を伝えましょう。

料金所の方が最適なルートを教えてくれます。

生駒山上方面は、生駒山上料金所を過ぎると別料金になるため注意しましょう。

人気スポットまでの料金は生駒山上遊園地740円、鐘の鳴る展望台1,950円、東大阪市立野外活動センター1,950円です。

【信貴生駒スカイライン】営業時間

信貴生駒スカイラインの営業案内

営業時間は季節によって異なります。

3月1日から10月31日は、6時30分から24時00分まで。

11月1日から2月末日は、6時30分から23時00分まで。

真冬は営業時間が短くなっています。

営業時間外は道路が閉鎖しているため注意しましょう。

【信貴生駒スカイライン】周辺スポット

信貴生駒スカイラインのパノラマ展望台

信貴生駒スカイラインの周辺には様々なスポットがあります。

・四條畷市総合公園
人工芝運動場があります。

・生駒山麓公園
多目的広場やテニスコートなどがあります。

・宝山寺
商売の神様を祀る、日本三大聖天の1つのお寺です。

・生駒山上遊園地
0才から利用できるアトラクションも完備。

・ぬかた園地(府民の森)
関西屈指のあじさい園です。

・みずのみ園地(府民の森)
パノラマの景色と史跡巡りも楽しめます。

鐘の鳴る展望台の看板

・鐘の鳴る展望台
鐘が設置されている展望台です。

・信貴山朝護孫子寺
必勝祈願に訪れたい、寅づくしのお寺。

・信貴山のどか村
自然の中でたっぷり遊べる農業公園です。

・四天王寺 高安山霊園
金剛生駒紀泉国定公園という豊かな自然に溢れた霊園。

・夫婦岩
仲睦まじく立ち並ぶ姿が夫婦のような岩です。

遊園地から夜景まで楽しめるため、大人から子どもまで楽しめるでしょう。

実際に見た感想(体験レポ)

信貴生駒スカイラインからの景色

昼間は空と山、街並みの融合が心地いい穏やかな気持ちになれる景色が広がっています。

山の間から見える街並みは、さっきまで過ごしていたと思えないほど遠く小さく見えます。

自然と都会を感じられる素晴らしい景色です。

山の上のため、夏場でもやや涼しく感じます。

平日の15時ごろは、景色を見ている人が少ないためのんびりと過ごせました。

【信貴生駒スカイライン】夜景スポット

信貴生駒スカイラインの景色の地図

信貴生駒スカイラインの名物である夜景スポットの一覧はこちら。

・パノラマ展望台
広場から眺める、絶景のパノラマビュー。

・鐘の鳴る展望台
恋人同士で鐘を鳴らすと幸せになれるという希望の鐘があります。

・十三峠駐車場
ベンチに座ってまったり夜景観賞ができます。

・立石越駐車場
車に乗ったまま観賞可能です。

・宝山寺
生駒市街を見下ろすことができます。

実際に見た感想(体験レポ)

信貴生駒スカイラインからの夜景

信貴生駒スカイラインといえば夜景!

絵画のように美しく、幻想的なため、関西の中でも有数の夜景スポットです。

山の暗さがより一層、街の明かりを引き立たせています。

虫の鳴き声、周りにいる人の微かな話し声以外は音がありません。

夜の静けさ、きれいな夜景は、日常から離れた空間で心を穏やかにしてくれます。

鐘の鳴る展望台は頂上に1組しか入れないため、待ち列ができていました。

10分程度待つと交代してくれます。

信貴生駒スカイラインは恋人や友達、家族と楽しむだけではなく、ひとりでゆっくりと非日常を味わたい気分のときにもおすすめの場所です。

【信貴生駒スカイライン】お花のスポット

信貴生駒スカイラインの道案内の看板

信貴生駒スカイラインのお花見スポットはこちら。

・サクラ
スポット:生駒山麓公園、ぬかた園地、なるかわ園地、みずのみ園地、生駒山上遊園地

・菜の花
スポット:信貴山のどか村

・ツツジ
スポット:なるかわ園地

・アジサイ
スポット:ぬかた園地

・ヒマワリ
スポット:信貴山のどか村

・紅葉
スポット:生駒山麓公園、なるかわ園地、信貴山のどか村

・コスモス
スポット:信貴山のどか村

・ツバキ
スポット:ぬかた園地、なるかわ園地、みずのみ園地、信貴山のどか村

【信貴生駒スカイライン】駐車場の場所

生駒山上遊園地の駐車場

主な駐車場のスポットは下記の通りです。

・パノラマ駐車場
駐車台数 13台(うち1台は身障者用駐車スペース)

・鐘の鳴る展望台駐車場
駐車台数 約22台

・十三峠駐車場
駐車台数 約18台(うち1台は身障者用駐車スペース)

・宝山寺駐車場
駐車台数 約250台

・生駒山上遊園地駐車場
駐車台数 約1,600台 1日1,200円

・海抜600m駐車場
駐車台数 約7台

・なるかわ駐車場
駐車台数 約10台

・朝日駐車場
駐車台数 約16台

・夫婦岩駐車場
駐車台数 約9台

・立石越駐車場
駐車台数 約6台

・信貴山駐車場
駐車台数 約250台  1日500円
スカイライン利用者割引1日300円
※正月は別料金

上記以外も信貴生駒スカイラインのいたるところに駐車場がありました。

ただ、絶景付近の駐車場は上記の場所だけになります。

実際に利用した感想

信貴生駒スカイラインの駐車場

山道にある駐車場はや狭い駐車スペースもあります。

軽自動車やバイク等は駐車できますが、大きめの普通車や中型車はとめにいく場所があるでしょう。

山頂の駐車場は駐車スペースが広く、とめやすかったです。

生駒山頂遊園地には広々とした駐車スペースがあり、駐車台数も多かったです。

【信貴生駒スカイライン】アクセス

信貴生駒スカイラインの出入り口

信貴生駒スカイラインは大阪府と奈良県の県境にあります。

生駒山と信貴山の稜線にあります。

奈良市内からは約25から30分、大阪市内からは高速道路を利用して約30分で到着するでしょう。

信貴生駒スカイラインと車のナビに入れてもうまくたどり着けない場合があります。

「生駒山上遊園地」とナビに入れると、信貴生駒スカイラインにたどり着けます。

生駒山上遊園地で検索して信貴生駒スカイラインへ行く方法は、ナビの入れ方がうまく行かない方におすすめです。

実際に山道を登った感想

信貴生駒スカイラインの道

山道で急カーブが多いため、乗り物酔いしやすい方は要注意です。

十分に走行できる車幅はあります。

そこそこスピードを出している車がいるため、すれ違う際にドキッとしたことがありました。

山道にはところどころ、停車できるスペースがあります。

山頂へ行く道中も山がだすマイナスイオンを全身で感じられて癒されます。

自然の中のドライブは日常から離れた開放感も感じられました。

スポンサーリンク

さいごに

信貴生駒スカイラインの帰り道

信貴生駒スカイラインは関西有数の夜景が楽しめる観光地です。

昼間も心地良い景色が広がっていました。

遊園地やお寺もあります。

ドライブがてらにふらっと寄っていけば、そこは忘れられない景色が広がる関西を代表する名所です。



いつもシェアいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください